歯垢や歯石にプロのケアを

知らずに溜まる歯間の歯垢

白い歯

吹田で歯科医院に行く場合、たいていの人は行く前に歯を磨いてから出かけることでしょう。口の中が汚れていては歯科医も見づらいでしょうし、「汚れてるなあ」と思われるのは恥ずかしいものです。ところが、ここで多くの人が見落としていることがあります。実は歯ブラシでブラッシングするだけでは、歯の汚れである「歯垢」は落としきれないのです。「そんな細かいところは歯科でやってもらうから大丈夫」と思われるかもしれません。しかし問題なのは歯と歯の間に溜まった「歯垢の塊」なのです。ファッショやメイクの完璧な若い女性や、清潔感あふれるイケメンであっても、自分の口の中にそんなものがあるとは夢にも知らないまま、歯垢の塊を持っている可能性があるのです。これは口臭の元にもなりますし、知らずにいると恥をかいてしまいます。吹田の歯科では、このような歯垢をためないように、定期検診によってきちんとケアしてもらえます。虫歯がなくても半年に一回程度は歯科を受診し、こまめにきれいにしてもらいましょう。

歯のケアは専門家が一番

歯垢や歯石を除去するためだけに、わざわざ吹田の歯科まで行くのは億劫だと感じる人もいるでしょう。確かに最近は自分でもケアできるという歯石取り器具や、歯垢に効くというデンタルリンスも発売されています。しかし、自分で鏡を見ながら歯石を取るのは限界があります。見えないところまで無理をすると歯茎を傷付けてしまいます。また、デンタルリンスも、現在すでにできてしまっている歯垢の塊を物理的に除去することは難しいのです。そこで、やはり、歯科でプロのクリーニングケアを受けるのが望ましいといえます。吹田の歯科では歯石も歯垢も完璧に除去してもらえます。スッキリと口臭の心配のなくなった口で、友人との食事やおしゃべりを心ゆくまで楽しみましょう。